ADHDの聴覚過敏には100均耳栓で対応しよう

 

 

 

どーもです!

 

 

 

 

みなさんはやる気を出すときや集中したいとき、どんな音楽を聴きますか?

 

 

私は東京事変の曲を聴きます。

群青日和」「透明人間」「キラーチューン」「能動的三分間」

これらを無限にループしながら作業します。

 

 

東京事変を聴くと必ず「這い上がってやるぞ」って気持ちが湧いてきます。

林檎さんの攻める姿勢が伝わってきます。

 

 

 

 

 

 

それと、耳栓をしながらの作業もよくやります。

これは聴覚過敏のあるADHDに本当におすすめです。これが本日のテーマです。

 

耳栓をすることにより、

職場では、仕事サボリクソババアの噂話や悪口、余計な雑音をカットしてくれるので、

作業のスピードアップができます。

 

カフェなどでも、抜群に集中できます。

 

私は聴覚過敏があるので、いろんな音が一気に耳の中に流れ込んできます。

(健常者は自分の必要な音だけを取捨選択できる)

 

普通の人はカフェで色々な声が聞こえてきても、BGMがあればあまり気にならないようですが、

私は始終「うるさい」と、いらいらしっ放しで、予定していた作業や勉強がまったく進みません。

 

また私は、機械の「規則的な音」は大丈夫なのですが、人の声などの「不規則な音」があると、全く集中できません。

そわそわし、もぞもぞ、ごそごそと動いてしまいます。

すると、周囲の席にいる人達の集中が切れてしまい、迷惑を掛けてしまいます。

自分はカフェにすら居られないのか、とすごく悩んだ時期がありました。

 

 

「落ち着いてカフェにいられない」なんて、ネットで調べても、あまり見つかりませんでした。

 

この悩みに確実に効いたのは、ADHD用のお薬「コンサータ」と、「100均の耳栓」です。

お薬の話は別のブロガーさんが上手に書いていらっしゃるのでおいといて。

 

この100均の耳栓、かなり使えます。

私は自室、車、バッグの中、会社のデスク など、いたるところに置いていて、いつでも使えるようにしています。

耳栓をつけた瞬間から、至福の「静寂の時間」が訪れます。

ADHDの場合、頭の中が常にごちゃごちゃしていて、そのごちゃごちゃな情報や記憶が、適当にぐるぐると回っている感じなので、もうそれだけでうるさい状態です。

(空気でぐるぐると回るクジ引きの機械のようだな~と私は思ってます。)

 

 

それプラス、音や視覚の情報が入ると、情報が多すぎて処理できなくなってきます。

それだけでエネルギーを消耗し、疲れていきます。

 

ADHDは睡眠時間が長いのですが、それは、「情報が多すぎる」せいもあるのではないかと思います。

健常者の何倍もの情報を取りこんで(取り込まざるを得なくて)、脳で処理しようとするので、健常者と同じ睡眠時間では足りない。

よって、朝起きることも困難である。と考えます。

 

耳栓をすることによって、外からの情報で自身が消耗することが減ります。

心に余裕がもてるようになりますよ。

 

健常者の方でも、うつ状態になると、物音が気になるという症状が出る場合があります。

人ごみは疲れるけど、仕事でどうしても行かなければならない。とか、そんな時にはぜひ、耳栓を使って頂きたいです。

 

もちろん勉強にも使えますね。

 

100円なので、みなさんどうぞお気軽にお試しあれ。

 

おわり。

 

 

 

 

ガリガリガリクソン似のCさんとご飯に行った話

 

 

おっす!おらメンヘラ!

 

 

え~言とりますけどもね!

 

 

 

最近「発達障害」に注目が集まっていますけどもね、

じつはぼくもADHDなんですよ!

 

 

 

天才病なんて言ってくれはる人もいたりしてね、

ほんと社会ってあったかいわ~と思うんですけども、

 ぼくお金大好きなんで、才能をどうにかお金に変えたいな~なんて思うんですね!

どうにかして金持ちになりたい訳ですよ。

 

で最近知ったんですけども、

世の中には、クリックしてもらうだけでお金貰える仕組みがあるんですね。

みんな大好き楽天さんのページに行って貰うだけでね、ぼくに数円入るんです。

すごい時代ですね~。

 

 

 

 

 

いま絶対押さへんと思った方~!

挙手していただけますか~!

 

 

 

見えましたわ。

全員ブスですわ。

 

 

お前やぞ!下向くな!こっちみろブス!!

←ボタンとかEscとか戻るボタンとか押すやつ全員ブスですわ!!

 

 

 

 

 

 

とか言うとりますけども、

今日はこれだけ覚えて帰ってくださいね!

 

ぼくのブログに来たときは、記事内のバナー広告を押して、

楽天さまでたのしくお買い物をしてください!

 

 

 

 

いいですかもう一回言いますよ~

 

ぼくのブログに来たときは

 

 

記事内のバナー広告を押して、

 

 

 

楽天さまで

 

 

 

たのしくお買い物をしてください!

 

 

 

 

 

 

今「めんどくさいな」と思った方~!

 

お前のことやぞブス!!!!

 

 

 

 

 

お~怖っ!

 

 

 

 

 う~!

男は落とせてもは訪問者からお金は落とせへんかった~!

バキュン!バキューン!!

 

 

おわり。

 

 

 

 

※筆者はガリガリガリクソンさんのネタが大好きです 

いんしゅうんてんだめ

外資系勤務Bさんと居酒屋に行った話

 

どーもです。

 

 

今回も出逢い系で知り合った個性豊かな方々をご紹介します。

 

前回記事はこちら。

pororontan.hatenablog.com

 

今回も20-21歳頃の話をさせていただきますよっと。

 

 

今回の殿方はBさん

[スペック]

年齢:30代前半(当時)

職業:外資系人材派遣会社

体型:180cm位で普通体系

顔 :微妙(わたしは好き!)

 

 

 

当時、私はとある音楽にハマっておりました。

いっつもシャカシャカ聞いておりました。

 

 

 

好きなアーティストの事を出逢い系のプロフィールにも記載していました。

すると、ある音楽好きから声を掛けられます。

 

 

Bさんです。

 

 

 

 

Bさん「おれも○○(私の好きなアーティスト)好きだよ。良かったら音楽の話とかしよう^^」

私 「はい!よろしくお願いします!」

 

 

 

感想。よくいるタイプ。何もかも普通~な感じ。

プロフィールを拝見すると、相当音楽がお好きなようで、何十個も「/」で区切られてアーティストの名前が書かれていました。SNSでよくあるやつ。

それから「心理カウンセラーの資格持ってます」との事。

 

 

 

音楽はおいといて、カウンセラーは希少価値が高い。

ハンティングの対象としてロックオンです。

 

 

 

 

Bさん「○○のどの曲が好き?^^」

私  「ベタですが、△△とかですかね!!あと、マニアックだけど××も好きです^^」

Bさん「いいよね!!!あれさ~、・・・・・・(色々語り出す)」

私  「わ~!お詳しいんですね^^」

(あんまり興味ない)

 

 

Bさん「○○が※※に来た時、行ったよー!最高だった」

私  「そうなんですね!いいなあ!!」

(こういう話、割とどうでもいい)

 

 

Bさん「○○が見たくて海外まで行ったし(笑)」

私  「羨ましいです!私も一度生で見てみたいなあー!!」

(自分が行けない海外の話とか特にどうでもいい)

 

 

面白くない話に飽きてきた私「(そろそろ写真でも見とくか・・・)そういえば、○○さんの写真みたいな!」

 

 

ここで余談ですが、

 

写真を貰う時、とても興奮しますね~。

 

自分で撮ったやつか、誰かが撮ったやつかとか。

自撮りの顔が自意識過剰だな~とか、口元がアヒル口だったら無理だな~とか。

 

そんな事を考えながら、恐る恐る、そっと画像を開ける時が好きです。

袋とじを開けるときはこんな気持ちなのでしょうか。違うか。

 

 

 

男性でたまにプリクラとかプロフィールにされてる方いますね、普通にきもいです。(趣味がアニメでインドアって書いてる率高い)

女性ならよいと思いますが、男性はきもいです。

 

 

 

最近は玄人の勘が働くようになったのか、気持ち悪い方には殆ど出逢わないのですが、

たまにいます。

 

 

「うわぁ・・・」という方。

何がうわぁなのかは自分で出逢い系をやって実感してみてください。

男女ともに、こういう場所でしか生きられない方々がいらっしゃいますから・・・

 

 

 

で、そういう方の写真を頂いた時は、気持ち悪いのですが、数日間、何回か見ます。おそるおそる。

で、何回見てもヤバイ!!!と妙なテンションになるのが結構好きだったりします。

もちろん保存はしません。

 

 

しかし彼らは結構マシな方です。

 

 

 

その上に、「マジでヤバい・・・・」

 

というのがいます。

これも、気になる方はご自分で確認して頂くとよいと思います。

 

 

 

こういう方の写真を頂いた場合は、「そっ閉じ」です。

良心など捨て、トーク履歴を消し、そっと逃げるがよいです。

 

 

 

話は逸れましたが、Bさんの写真をゲットしました。

2枚ゲットです。どちらもご自宅での私服自撮り。まあ普通。顔も普通。

 

 

さらに写真を求めると、スーツの写真が来ました。

女はスーツが大好きです(わたし調べ。)  俄然興味が湧くわたし。

是非仕事終わりに会いたい。

「サラリーマンとラブラブデートしてる」っぽさ味わいたい。

寧ろ土日は会わなくていい。

 

 

 ここからちょっとやる気になり、踏み込んでいきます。

私「lineにしましょう^^」

アッサリとlineをゲットします。

 

 

私  「お仕事はどんな事をされているんですか?」

Bさん「外資だよ^^」

私  「へえ~かっこいいですね!(とにかく褒める。)どんな職種ですか?」

Bさん「人材派遣業かな^^ 外資系企業への紹介をしてるよ^^」

私  「(ふむ・・・)大学は英語系だったんですか?」

Bさん「○○の○○学部だから、英語の勉強はしてなかったけど、社会人になって勉強したよ^^」

私  「(努力家だ!!いいね!!)努力家なんですね!!!!」

 

 

あんまり面白くない会話を載せてすみません。

 

で、会話を続けていくうちに、「心理カウンセラー」の資格についての話になります。

 

 

 

私  「心理カウンセラーの資格持っているなんて、すごいですよね!(とにかくすごいを連発する)」

 

Bさん 「ありがとう^^ 昔、自分がちょっと辛い思いをしたから、勉強してみたくなって^^」

 

私  「(これは、辛かったエピソードを細かく聞き出して、そこを優しく撫でてあげれば落ちるパターンだな?了解!!)辛い思いですか(>_<) どんな事があったんですか?差し支えなければ教えてほしいです(>_<)」

私  「(相手に教えて貰いたい時は自分の辛かったエピソードを先に話して警戒心を解く!!)(相手がドン引きしない程度のメンヘラエピソード!!)私も、辛い思いは経験があります!親が共働きで、入学式とか卒業式に来てくれなかったんです(笑)」

 

Bさん「それは辛かったね^^ おれんとこも親関係でさー、おれが小学校のころ母親が浮気して、離婚して、その後知らない男が家に来て父親ぶったりしてさ(笑)」

 

 

Bさん「で、グレて高校中退したんだよね」

 

私、めっちゃ興味湧く。とってもクールな生き方じゃねーか。

急に運命を感じ始める。

 

 

また余談ですが、私はレールから外れた人が大好きです。

もちろんメンヘラすぎるとかキ○ガイとかは駄目なんですが、ちょっとレール外れた人で、且つ賢い人とか、その後頑張ってちゃんとやってる人は大好物です。

特に、「先生が大嫌いだった」このフレーズが出る人とは大概めっちゃ仲良くなれます。

先生って、先生用のテキストの通りに動いているだけなのに、まるで人間のすべてを知っているかのような偉そうな感じありますからね。

あんまり書いて教職の方の怒りを買うと怖いのでこれ以上書くのはやめときまーす。

 

レールから外れた系男子はとても賢く、本質を見抜いていることが多いです。

これはのちのち書く方々の話ですが、キャバクラ店のオーナーになってお店をナンバー1にしたり、起業して成功したりしてますね。

レール外れた系男子との初の出逢いはこのBさんです。ありがとう。

 

 

で、話に戻ります。

 

 

私  「そうなんですか~!全然そんな感じしないです!でも、よく高校中退から○○に入りましたね!!!」

 

Bさん「うん^^ 中退したあと予備校(?)に通って高卒認定試験受けて、大学受験したんだよ^^」「高校時代の仲間が応援してくれてさー。皆から1年遅れで入ったよ^^」

 

私  「(素晴らしい・・・!)(ラブ!)そうだったんですね!感動しました(;_;)」

 

このあたりで、これは何が何でも会ってお話を聞きたいと思い、会う約束を取り付けます。

 

私  「会って色々お話聞きたいです!!今度、どこかの居酒屋で詳しく聞かせてください!!」

Bさん「うん^^ 明後日とかどう?」

私  「(はえーな!会う気満々かよ!)はい!待ち合わせはどこがよいですか?」

Bさん「じゃあ、○○駅に7時でもいい?」

私  「(・・私の家寄りじゃなくて自分寄りの乗換え駅指定してきた・・・!これは・・・よほどのわがまま男か、脈ないやつや・・)はい!^^」

 

 

で、実際に会う日になりました。

仕事終わりのスーツ男性と会えると思うと胸ばくばくでその日の仕事は手につきませんでした。

 

仕事を早く終えてサッサとその駅に向かいます。

(この時すでにニートから脱出しておりました。)

すると、彼から「ごめん!仕事終わらない!遅れそう!」との連絡。

30分くらい遅れるとのこと。

私、スタバで待機。

 

彼「そろそろ着くよ^^」

私、駅出口あたりに立つ。

 

・・・ちょっと恥ずかしくなってきたので落ち合うあたりは省略いたします(笑)

 

・・・そして落ち合って歩き出した私とBさん。

 

 

私の印象。「かっこいい・・・・・・・・!」です。

身長が高かった。スーツにビジネスバッグでいかにもな感じです。

姿勢もよかった。しかも優しげ。こういうの待ってた!!

 

 

Bさんは、歩きながらちらちらと私を見下ろして、もじもじ、頬を赤らめて恥ずかしそうな顔をしている。

見下ろされて目が合ってどきどきする私。これはラブだ・・・!と思いました。

 

 

しかし。

 

Bさんが連れて行ってくれた先は「笑笑」。

 

いや、金あるかどうかとか見てる訳じゃないです。

 

 

初回の店ってほんとに大事です。

 

恋愛感情があるからちょっと良いお店行こうと頑張るとかじゃなくて、最低限の礼儀というか、そういう感じだと思ってます。

一生懸命可愛い服来て一生懸命お化粧してきた女性に対しての感謝の気持ちが、お店選びなどに出るのだと思ってます。

 

 

「どっかの居酒屋でお話聞かせてくださ~い^^」とは言ったけれど、それは会うためのハードルを下げているのであって、本当に安い、チェーン居酒屋だと、「お、おう・・・そうか・・・」となります。同じ価格帯でもチョイスの幅あるやろ。

 

ショックでした。若さが売りのピチピチ20歳だけど、10歳も離れているこの男にとって、自分の価値は「笑笑」なのかと。

 

 

ちょっと凹みつつも、お酒を飲んで楽しく話す私とBさん。

 

Bさん「心理カウンセラーの学校に行ったんだけど、同級生はほんとつまんなかった。やっぱり病んだ経験がある人が心理カウンセラーとか目指すみたいでさ、何か暗くてさ、嫌だった。」

 

とか色んな話をしてくれた。

 

 

お会計は、「出すよ」の言葉を無視して半分出しました。

すんなり割り勘を受け入れたBさん。こりゃ私と恋愛する気はないな??と思い始めました。

さっきの照れた顔はなんだったんだー!!!

 

やさぐれ気味です。

飲み屋から駅への短い帰り道。

酔った勢いで一瞬手を繋いでくれたって良かったのに、全然そんな感じはなく、なぜか泣きそうになる私。

改札まで送ってくれたのは良かった。

 

彼のゆさぶりにペースを乱され、ほんとに好きになりつつあった頃、

 

おれ、彼女いるんだ」と告白されます。

 

 

クソ浮気野郎じゃねーか!!

「だから、付き合う事はできないけど、それでも良かったらもっと仲良くなりたい」なに言ってんだこのタコ!!

 

 

そのあとまた飲みに行きます。

 

私  「彼女さんとは付き合ってどれくらいになるんですか?」

 

Bさん「10年くらいかな?ずっと同棲してる。もう恋愛感情とかないんだよね」

 

私  「(奪えないっぽいな・・・泣)へ、へえー・・・彼女さんはどんなお仕事をされているんですか?」

 

Bさん「広告営業で、かなり大きい会社に勤めてるよ。営業成績一位とかで、バリバリ系なんだー」

 

私  「(なんか色々負けたわ。コンビニバイトとか派遣OLであってほしかった)じゃあ私の入る隙ないですね!Bさんのこといいなと思ってたから残念^^」

 

Bさん「○○さん(私)と付き合えたら良かったけど、今更別れられないんだよね。彼女、両親兄弟が他界してしまってて。彼女には俺しかいないから。俺も色々辛いことがあったし、家族と絶縁状態だから、彼女がいないとつらい」

 

 

心がボキッと折れたような気がしました。

絶対無理だわ。私にはBさんの心の重みを一緒に背負う覚悟がない。

また、素直に、彼女さんにも悪いなと思い、身を引く事にします。

 

 

とはいえ、なかなか感情に蹴りをつけられなかったわたし。

Bさんの時々見せる不安定さがすごく、なんというか、良くて、

メンヘラ女子と好んで付き合う男性の気持ちってこんな感じだろうかと思いました。

 

 

 

 

そのあとに会ったとき、私は親戚から送って貰ったりんごを紙袋に入れておすそ分けします。

わたし「彼女さんと一緒に食べてね^^」

 

Bさんの事を好きになっていたわたし。

そんな素直に幸せを願えません。

 

 

紙袋の下の方に、会社で貰った、某ブランドの化粧品サンプルが入ったポーチを入れましたww

 

もちろん、ちゃんと渡した時に言いました。

「会社でいいものを貰ったので、入れてます!女性用なので、彼女さんとか、ご友人にでも渡してくださいね!^^」

 

 

鈍感なBさんはそのまま紙袋を愛の巣に持ちかえります。

「友達と飲んできた」はずの彼氏が、おすそ分け、と言われて化粧品セットを貰ってきた。

あり得ないですよね。

どう考えても女ですよね。

 

もちろん彼女さんは気付いて、問い詰めたようです。

Bさんは「なんとか濁した」と言っていましたが・・・

 

 

この、小さな報復(?)で、ちょっと気持ちが晴れました。

今も、好きだったな~と思い出すけど、思い出になりました。

 

 

ご本人、彼女様、子供っぽいことをしてすみませんでしたww

 手すら繋いでいないので許してね。

 

 

 

まとめ。

ちゃんと働いている彼なのに、最初会ったときからやっすいお店だった場合、挽回はむずかしい。ほぼ無理。彼女or奥様がいる可能性大。(お小遣い制にされていて、無駄遣いができない。)メンヘラっぽい男性は時に気のあるような事を言うので雰囲気に巻き込まれないよう注意。

 

 

おわり。 

ADHD女子の出逢い系放浪記

どうもです。

 

 

自分、20代中盤女。ADHDです。

外見偏差値50 (と信じたい)

 

今回より、ADHDの自分が出逢い系で仲良くなった男性方と、その顛末を書きます。

しょうもないブログですが良ければお付き合いください。

 

 

今回は20-21歳ころに出逢ったAさんの話を。

 

 

当時、わたしは学校を卒業し、一人暮らしのニートでした。

大学編入に失敗した後、就活せず、一日中資格の勉強をしておりました。

短期で結果を出したかったので。バイトもしませんでした。(お母さんごめんなさい)

当時の自分は、まあ、どこにも所属するコミュニティがないから、とにかく孤独です。

観葉植物に「かわいいね~」と話しかけたりしていました(笑)

このニート生活は半年くらい続きましたが、相当きつかったです。

この経験のお陰で、社会に出てからニートになりたいと思った事はありません。

 

 

で、そんな不安で荒んだ時期に、意識の高い友達が欲しくて出逢い系を始めます。

この場を借りて、仲良くしてくれた皆様にお礼申し上げたいと思います。

関わってくださりありがとうございます!!

そして晒してごめんなさい。w

 

 

 

その① 旧帝大院生のAさん(当時20代後半)

 

出逢い系アプリにて、「○大です」に興味をそそられて自分からアプローチしました。

一回とびきり賢い人と喋ってみたかった。

Aさんはアプリで顔を出しておらず、lineで連絡を取るようになってからも写真をくれなかった。

自分は送ったけどw

 

悪用を恐れてかな?と思いつつ、一応、写真くださいと言ってみたんですが、

「おれは不細工だからなー」と嫌がられました。

 

不細工を気にする男性、可愛いです。是非実際にお顔を拝見してみたい。

そして、「そんなことないじゃん!」と言いたい。・・と思うタイプです。私。

大体、とびきり良い頭があるんだから、それだけで魅力的で、顔くらいどうでもいいと思います。まじで。

 

 

そして一生懸命会話を続け、ついに「会いましょう」という話に! 興奮。

相手の要望は「なにもしないから家に行きたい」でした。

 

 

・・・OKするわけないやん。めっちゃ罠感。

 

 

 

 

その後我々は何度も会話をし、その中で彼から「○たないんだよね、だから大丈夫」という話をされました。

うーん。なんか切ない。

そして「学生証を提示するなら家に来てもよい」という条件で承諾しました。

万が一、何かしちゃった場合は、彼の大学に報告しちゃうよ、という訳です。

 

 

で、会う日。

 

自分の最寄りの駅まで来てもらい、そこで落ち合って、コンビニでお菓子を買って、自分の住むマンションまで一緒に歩きました。

 

初対面の印象は、よかった

会う前から興味深い人だなと思っていたけど、雰囲気もよかった。

なんか、やわらか~くて優しげで、何か、陽に当たってあったかくなったふわふわのタオルって感じだった。(伝われ)

 

顔は、まあ、客観的に見て、あまり良くなかったと思います。(わたしは全然OK!)

身長は高くて、普通体型。

いかにもなチェックシャツも眼鏡もかけていませんでした。

 

 

そして歩き始めた私とAさん。

駅から部屋までは15分ほどあるので、場をつなごうと頑張って話し掛けました。

 

 

しかし、会話が全然噛み合わない盛り上がらない

つらかった。

 

 

相手が賢すぎて、会話の3歩程先を読んで返事してくるので、

こちらの処理速度が追い付かなかったのです。

 

lineならよく考えて返事できますが、会話はそうはいかない。

Aさんはwi-fiで、私は128kbpsです。勝てない。

 

Aさんの賢さに感動しつつ、自分のロースペックさに傷つきつつ、部屋の前に着きました。

 

いよいよ、学生証の提示タイムです。

 

Aさん「はい」

ペカーン!

 

出ました。本物の学生証。選ばれた者。マジかっこいい。

 

私「おおっ・・!それは○○の称号!よかろう、この門をくぐるのじゃ」

 

という事で私ことクソニートの部屋に、とてもきちんとした家で育ち、きちんと教育を施された、将来有望なAさんが来ました。

 

Aさん「部屋きれいにしてるね」

 

ええ、この日の為にめっちゃ掃除しました。

ニートは暇なので本気で掃除をすることができます。

 

Aさんに絶対本棚を見られると思い、本棚の内容・配置も変えました。(笑)

 

 

Aさん「家賃の割に広いね」

ありがとうございます。

 

そしてAさんを座らせて取り敢えず飲み物を出して、テレビを観つつ、会話をしました。

話しながらポテチを開けてめっちゃ食べるAさん。

そのうち、疲れたのかベッドに上って、タイの涅槃スタイルでポテチをめっちゃ食べるAさん。

 

食べ方がめっちゃ汚い。

 

口からボロボロ落ちる。手からも落ちる。

床にかけらを落とす。w

少々驚きました。これが上流の方のポテチの食べ方なのか。

 

 

そして我々は恋愛の話や、私の顔が知り合いの女医にめっちゃ似ている話などをしました。

 

そして彼から色々と質問をされました。

これは敢えてなのですが、私は彼からの質問に、すべて事実と逆の事を答えました。

彼は新しい刺激を求めていて、なんとなく分かると飽きちゃう、そういう習性があるだろうと思ったからです。

案の定、面白がってくれたのですが、会話を進めるうちに矛盾点を指摘され、正されてしまうのでした・・

 

 

それから、彼は私のパソコンで私の検索履歴をチェックしたり、本棚の、カバーが掛かっている本の内容をチェックし出しましたw

 

本棚の内容をチェックするAさん「・・・(黙々とチェックする)」

私「しめしめ、そこはカバーありも含め最高のフォーメーションを組んでいるぜ・・・」

 

PCの検索履歴をチェックするAさん「エロいのあるかなーww」

結局求人を探す履歴しかなく残念そうでした。

 

私の実態を知ってスッキリしようと思っていたのでしょう。

 

その後我々は本当に何もせず、そのまま夕方になり、一緒に近所のご飯屋さんでご飯を食べて解散しました。

 

結局私の事はわからなかったようで、後日「なんか、たのしかった」「○○(私)は、よくわからない」とlineが来ました。

勝った・・・!!!と思いました。(何を戦っていたんだ)

 

 

しかし2回目に部屋に来た時、ボロ連発で、結局飽きられてしまいました。

3回目はありませんでした。

元々IQが違いすぎて会話が噛み合わなかったのもあると思います。

服装も狙いすぎてだめだったな~(笑)

 

とにかく、私にとっては、とっても貴重で刺激的な経験をさせてくれた方でした。

自分の考えていた事が、賢い人によってスルスルと紐解かれていく感じも、初めての経験で、自分の頭がおかしい訳じゃないんだと安心したことを覚えています。

 

 

そして「心の風邪は、引き始めの今なおさないと長引くよ」「あんまり頑張りすぎないように」

とのお言葉を頂きました。

いまものすごく実感しております・・・ちゃんと聞いときゃよかった。

 

まとめ。

知ることが喜びの人には自分から情報を与えない!関係を続けるには、聞かれても小出しにすべし!

狙いすぎる服装をすると引かれる・・・

 

おわり。

 

 

ブログはじめました!

 どうも。

pororontan 20代女です。

これから色々と書いていきますのでよろしくお願いします。

軽く自己紹介を。

職業 会社員

趣味 インターネットで変な人を捕まえて仲良くなること(のちのち記事にします)

   映画

特技 サッカー・フットサル

   

その他

ペンや箸は左で持ちますが、ボールは右で投げるなど、いわゆる両利き。サッカーの時も両利き。

両利きだからADHDなのか、ADHDだから両利きなのか分かりませんが、とにかくADHDです。(笑) 診断済。不注意優勢型。コンサータ27mgを服用してます。

ユングのMBTI診断だと、INFPか、INTPあたりです。

 

ネットで調べる限りだと、両利きADHDは人口の1~3%っぽい。

周りに全然いない。そりゃネットでブログも書きたくなります。

 

 

見出しとか文字の大きさとか色々覚えなきゃな~

これからよろしくお願いします。

 

それでは!